相撲は面白いけど推理小説にもハマってます

最近テレビのニュースで多いのは、日馬富士のことですよね。現場で実際に行われたことは人によって言う事が違うので誰の証言を信じたらいいのかは分からないというのはあります。なので一番いいのは、お店の人とかの利害関係のほとんどない第三者の人の意見とかも聞いてみたいような気がします。

もしかしたら既にテレビとかで証言してたかもしれませんがずっとは見てないのでそれは不明なところです。ただ思うのは相撲人気の落としてほしくないってことです。自分が久しぶりに相撲を見る気になったのは最近ですし、貴乃花と若乃花が活躍してた以来なので期間はだいぶ空いてます。

モンゴル勢の力士は強いしお客さんからの指示を集めてるのでそれに関してはいいと思いますし相撲界にもかなり貢献はしてることでしょう。話は変わって最近は小説にはまってしまい、それが面白いのです。色んな作家の作品は読んでますが最近、主に読んでるのは「堂場瞬一」さんの本です。

主に警察小説を書いてるのですが、ストーリーとかもなかなか読みごたえがあるし楽しめます。書くペースにしてる割と早い方だと思います。最近では月に1冊は出版してるような感じです。

もちろん、2~3年前に書いた本が文庫化された作品とかもありますが、それでも多い方でしょう。それだけ本を書けるということは当然ですが本人が好きな仕事だからという理由もあるのでしょうね。

自分は、堂場瞬一というのは今までは本名と思ってました。でも何となく調べたみたらそうではなくて実際の名前は「山野辺一也」でした。それを初めて知った時には、ちょっとイメージと違うような気もしたのです。

なので「堂場瞬一」は作家名になるのですが誰が名づけたのでしょうね?自分はそこまでは知らないのですが、まさに彼にぴったりの名前なので「上手につけてる」と思いました。面白い作品が多いので、しばらくは読み続けるつもりです。ただ今までに書いたのが、100冊以上はあるので全てを読むまでには結構時間がかかりそうです。

動画のおかげでUFOキャッチャーが楽しくなりました

最近YoutubeでUFOキャッチャーの攻略動画を見るようになりました。例えば、アームの爪部分ではなく本体で押してみたり、ただバランスを見極めてキャッチするだけだと思っていましたのでそういう攻略方法があることにとっても驚いたんです。

自分だとやっぱりなかなか取れないので、上手な方の動画を観ていると何だかとてもスッキリします。特に一番好きなのはキャッチした部分をメドレーのように切り貼り編集した動画で、まるで自分がGETしたような爽快感のあるところが好きですね。

そして、そういう動画を観るとやっぱり自分もチャレンジしてみたくなってしまいます。ということで、ショッピングモールの中にあるゲームセンターなど、久々に行ってみました。つかもうとしても全然上手くキャッチ出来ないようなちょっと大きいぬいぐるみなんかも、チョンと押してあげるだけで取れます。

ちょっとうらやましかったプライズ限定の大きなパッケージに入ったお菓子なんかもいくつか取れて、動画を観ただけなのに以前よりもずっと取れるようになっていました。

後は確率機ですね。三本爪のある筐体は基本的に確率が決まっていて、通常はアームの力が弱いのですが順番が来ると強くなります。そのため、ちょっと粘っているような人がいた場合はその後が狙い目になったりします。

他にも、評判の良いゲームセンターですとこの確率が高めに設定されていますので自分自身で粘ってもそこまでお財布は痛くなりません。逆にちょっと厳しいところだと、かなり使ってもどんどん吸い込まれていってしまうことも多いかも。

私はこの確率機が結構好きです。大手で客の多いようなところはちゃんと普通のレベルに設定されていますので、粘れば好きな物を手に入れることが出来るからです。実力は関係無いのですが、大きな袋で持って帰るのは結構快感ですよ。確率機も方法によっては確率関係なく取れますし、そういう台を探すのもまた楽しいです。

猫と一緒に暮らしているからこそ感じられる幸せ

犬や猫と一緒に暮らしている人であれば、一緒に寝るということは憧れだそうです。素直に一緒に寝てくれる子もいれば、中々一緒に寝てくれない子もいます。一緒に寝ている、という話をすると、羨ましいと言ってくる人もいます。

子猫の時から一緒に暮らしている兄弟猫がいるのですが、寒くなってくるとベッドの中に潜り込んできます。多頭飼いをしているのですが、一緒に寝てくれるのはその2匹の兄弟猫だけなのです。他にも子猫の時から一緒、という子もいるのですが、何故か2匹だけなので不思議に思っています。

猫がベッドの中に潜り込んでくるようになると、本格的な寒さが到来したんだなと痛感します。猫は気温の変化に敏感みたいです。それもまた面白いなと思うところです。猫と一緒に暮らしていると大変なこともたくさんあります。

健康管理もしなければいけません。仕事で平日の日中は一緒に過ごすことができないので、ちょっとした体調の変化も見逃さないようにしなければいけません。食事に関してもしっかりと管理しなければ、健康を害してしまう可能性もあります。適正量を与えるように注意をしなければいけません。

でもそういうことはあまり大変だと思いませんし、苦にも感じません。子猫から一緒に暮らすと2時間おきのミルクなど睡眠時間も十分にとることができないということもあります。それは子どもを育てるのと変わりがないと思うのです。

旅行をすることができないということもあります。それでも一緒にいられるということは癒しにもなると思います。人間ですから日々ストレスが溜まることもあります。猫と一緒に寝るという最高の癒しの時間を設けることができれば、そのストレスも少しは解消されるのかなと思います。

一緒に寝て欲しいけど、寝てくれないという場合にはここで寝ると温かいんだよ、ということに気付かせることが大事だと思います。温かいことが分かれば一緒に寝てくれる、ということにもなると思います。

連日のシバレで北海道の道もツルツルになっています

日曜日に振った雪が2日経っても道路にも残っています、例年、この時期の雪は、日中の日差しで、溶けてしまうのが何時もなのですが、ここの所の、低温で、日中も雪は溶けづに、ツルツルの状態が続いています、交通事故のニュースも増えています。

そんな中、今日の帰り、私は買い物が有り、何時もと違う石狩大橋を渡り帰宅したのですが、そこを、リユックサックを背負ったお婆さんがツルツルの歩道を慎重に歩いていました。

歩道の付いた橋ですが、めったに歩いている人を見ることは無いところです、きっと、今日の天気で、お買い物に出も行ってきたのでしょう、街に行っても大きなスーパーは、隣の地区まで行かないとスーパーなどなくなっています、お婆さんはなぜ歩いていたのでしょう。

橋を渡ると、農村地帯ですが、街に近いところには多くの家が有り、お年寄りだけの世帯も多いとのことです、昨年までは路線バスも走っていたのですが、利用者の減少から今年廃止されてしまいました、今市では、新しい交通機関を考えている様ですが、なかなか決まりません。

農村では、何台もの車を持ち、車社会ですから、子供と住んでいるお年寄りは、家族の誰かが、送り迎えをしてくれるのですが、最も、家族がいれば、食料品はわざわざ買いに行かなくても良いですから、札幌の隣の町だというのに、現実はこんなものなのです。

高齢になり免許書を返納したら、生活が成り立たなくなるのが現実なのです。農村自体も大家族制から、若い物は、町に住み、街から仕事に通うことが普通になって来ています。そうすると、田舎には、年寄りだらけになってしまうのです。

地域が成り立たなくなるのもそう長い先の話ではありません。私も、60歳を越えて、田舎に、一人で暮らしています、しかも身体障害者なのですが、まだ何とか車の運転が出来るので、生活が出来ていますがこれから先の事は不安です、それにしてもさっきのお婆さんは無事に家まで着いたでしょうか。

毎年恒例の紅葉狩り、いつも通り日帰り予定のはずが・・・?

最近家族みんながお疲れモード。仕事や私生活、環境の変化でストレスも溜まってイライラも募る。きっとみんな同じだと思いますし、ストレスを抱えていない人なんてこの世にいないでしょう。

私の家族も例外なく、それぞれにストレスや疲れ、不安なんかを抱えていて何だか笑顔が少なくなっている気がしました。毎年この時期になると家族で紅葉に出かけるのですが、そこで私は一つの計画を立てることにしたのです。

いつも日帰り、早朝に家を出て夜に帰ってくる。そして翌日にはまたお仕事。それでは疲れがとれないままでは、と思った私は家族に内緒でこっそりと宿泊サイトと睨めっこを始めました。そう、日帰りではなく一泊旅行にしよう!と。

休日の問題はありましたが、前以て時間を空けて計画を練っておけば有給なり休暇なりとれると見込んでの判断でした。犬を連れての旅行なので、ペットと泊まれる宿を探し回り、吟味に吟味を重ねて見事に理想の叶った宿を発見!

余りに素敵なペンションで、一人でテンションが上がりながら一泊で予約しました。そうして数日後、毎年恒例の紅葉のお出かけの話が出た時・・・ここぞとばかりに私はテーブルにすっと封筒を出しました。

家族全員頭上に???の文字を浮かべながら「何これ?」と、私のほうを不思議そうに見てきます。私「一泊しよう!」家族「え!?」そうして私は既にペンションを予約していること、この封筒の中身は家族全員分の宿泊費。

「最近みんな疲れているのがよく分かっていたし、私達も若くないから(笑)疲れも余りとれないし、犬も高齢だからそろそろ一日じゃ辛いと思って。駄目なら駄目で仕方ないけれど、たまにはゆっくりあっちで過ごすのも良いんじゃないかな?」

そう伝えると、みんなは驚きの余り唖然としていましたが、しばらくして理解したのかどんどん笑顔に。それぞれに色々と都合もありますし、だからこそ一年にたった一度だけ日帰りの紅葉狩り。

けれど、だからこそたまにはそんなご褒美も良いと思ったのです。お疲れモードだったみんなの顔から嬉しさなのか明るさが顔を出し、その日はお休みをとることにしてくれました。

最初はお金は出さなくていい!各自で出すからと言われたのですが、そこは私のプライドでしたし私が独断で勝手に決めたことなので譲れませんでした(笑)。

それから一ヶ月、無事にお休みをとれた私達はルンルン気分で旅行に着て行く服や、おやつ、必要なものを買ったりして毎日ワクワクしています。実は私、ペンションに泊まるその日の夜にもう一つのサプライズを用意しているのですが、それはまだ家族には内緒です♪

デビットカードではなぜETCカードが作れないのか

現在では、高速道路の利用者の9割近くがETCを利用しています。自家用車はもちろんのこととして、レンタカーであってもETCを標準で搭載しているほどなのです。ETCを用いるためには、車載器以外にもETCカードが不可欠です。このETCカードをどこで発行するかですが、多くの場合、クレジットカードに付帯するETCカードを申請している傾向があります。

ところで、クレジットカードには銀行残高によって即時決済を行うデビットカードの利用者も増大していますよね。デビットカードでETCカードを作ろうとしている人もいるのではないでしょうか。ただ、残念ながらデビットカードではETCカードは作れないのですよ。その関連事情を当記事では解説していきます。

ETCカードを作ることのできるデビットカードは現存しない事実

デビットカードでETCカードを作れない理由とは、デビットカードでETCカードを作ることのできるデビットカードが現存しないからです。デビットカードは、ネット銀行が先駆となり、これに追従するかのように様々な種別の銀行がこぞって作成しています。

そのために、「デビットカードにもETCカードが付帯してたっていいじゃねえか」と思われるでしょうが、ネット銀行であろうが、リアル店舗が存在する通常の銀行であろうがETCカードには対応していないのです。

デビットカードでETCカードが作れない理由とは

これだけ隆盛を極めているデビットカードでありながら、どこも一様にETCカードを作れないのは、何か特別な理由があるのでしょうか。その前にデビットカードとETCカード、それぞれの仕組みを説明していきます。

デビットカードでは、支払った時点で決済がなされます。つまりデビットカードでは銀行口座の残高から支払われるシステムであるがゆえに、もし口座残高が不足していれば、決済が不可能となり、支払も不可能となるわけです。

他方、ETCカードの決済については、通行料金を払った際に、即時に高速道路会社からクレジットカード会社にその情報が伝達されるものではなく、概ね1週間に1度の頻度で情報を送っているのです。これに基づき請求がなされ後払いで支払う運用となっています。NEXCO西日本によれば、1カ月に4度ほど、ETCカードの利用情報を送信しているとのことです。

以上の仕組みを踏まえると、普通のショッピングとは違ったシステムを採用していることから、デビットカードでのETC対応は現時点ではやっていないのです。そして、一般のレーンについて、過去にデビットカードは対応していたのですが、現在では原則不可となりました。そのために今後の採用についても厳しいでしょうね。

ただ、デビットカードしか持っていなくても、ETCカードは利用したいものですよね。何か良い方法はないのでしょうか。

ETCパーソナルカードを検討してみる

ETCパーソナルカードは、高速道路を運営する各社によって共同開発されているETCカードです。発行する際にあらかじめ担保を支払っておくことによりETCカードとして利用可能となるわけです。そして、デビットカードのように入金する手間は必要ないです。

ただ、大きな欠点として、担保が高額であることや、年会費だけでも1234円取られることが挙げられます。この担保についてはデポジットと呼ばれ、もし月あたりの利用額が5000円であれば、2万円も取られてしまうのです。

レンタカー店でETCカードそのものをレンタルする

レンタカー店では、全店ではないものの、ニッポンレンタカーをはじめとして、ETCカードそのものをレンタルしている業者があるのです。その価格については、レンタル1度につき324円となっており、なかには無料で貸出を行っている業者もあるほどです。

高速道路の利用料金と照らし合わせて、採算が取れるようであれば、利用してみてはいかがでしょう。利用料金の支払いについては、カード返却に際に行う運用となっています。

最もオススメ!クレジットカード付帯のETCカードを申し込む

大抵のクレジットカードは、ETCカードの発行が可能です。クレジットカードであるために、利用の際にデビットカードのような制限もないのです。

しかし、クレジットカードに申し込むには、18歳を超え、高校生でないことが求められます。申込みができたにしても、クレヒスに照らして審査が実施されることから、どのような人でも例外なく作ることが可能とは到底いい得ません。

ただ、近年は、何も正社員でなくても、また、たとえ自己破産を経験していたとしても相当年数が経過しているのであれば作ることが可能であるために、デビットカードよりも厳しい入会審査があるからといって諦めるのは早いです。

しかも、ETCパーソナルカードのように高額な年会費を取られることもなく、無料のクレジットカードも多くあります。クレジットカードが年会費無料だけでなくETCカードも年会費無料のおすすめクレカだってあります。

ただ、どうしてもクレジットカードを作れない事情があったり、作れなかったのであれば、やむなくETCパーソナルカードを利用するか、レンタカー店で借りるしかないでしょうね。

あるいは、デビットカードでもETCカードが作られるようになるまで待つかですが、上記でも述べたとおり、もともと一般レーンでも利用できていたものが、原則利用不可となっているくらいですから、将来的な対応は厳しいかも知れません。

品物無事到着、久しぶりにゆっくりできた先日

一週間の仕事が一段落し、先日は久しぶりにゆっくりできました。家事もそこまでやる必要もなく、先日のように遅く起きた朝からゆっくりコーヒーを飲める一日は貴重で本当に嬉しい限りです。

その前の晩、眠りに就くのはそこまで遅くはなかったものの、起きた時間は10時半を過ぎていました。近頃は雨風や寒さもあって雨戸をガッチリ閉め切って寝ているため、朝の明るい光が入ってこない暗闇でどうしても起きづらくなってしまいます。

そんな矢先、その日の朝においては郵便物や宅配便関係の到着で図らずも起こされた感じでした。眠りから覚めて暗闇でまどろむなか、今何時ぐらいかな、休みだしもうちょっと寝ていようかなーと思いきや、玄関のドアが軽快にピンポーーン♪そしてどこどこ便でーす♪と来ました。

ああ、これは最近頼んだネットショッピングの商品が届いたなと寝ぐせだけせめてもの身だしなみで整えて玄関まで急ぐと、家族が頼んでいたAmazonの小包が。

そういやこの前ネットでこれこれこれを探しててアレを頼んだとか言ってたなと納得後、受領印にサインを済ませました。届いた小包は家族がすぐに分かるよう、適当なところに置いておきましてと。

それから間もなく、ピンポーンともう一便。同じように「〇〇便でーす♪」。今度こそ私の注文したブツが来たなとまた玄関へ急ぐと、やっぱり頼んだ商品でした。

その前日の夜の時間帯に「お荷物発送いたしました」のメール通知が来たので、2日後ぐらいだろうなという憶測よりも早い、今日午前中の到着っていうのが凄いと思いました。

今の配達システムは迅速で凄いなと改めてしみじみしてしまいます。一度受け取り損ねるとあと後で割と大変なので、運よく無事に2つの荷物をその日のうちにに受け取れてよかったです。

何かと便利なネットショッピングには、こうやってこれからもヘタしたら実店舗利用頻度以上に世話になり続けるんだろうなぁの思いを更新した到着でした。しかし便利な世の中ですね、毎度のことながら。

リンク